暮らしのモノ・コト

暮らしの中のお気に入りを紹介します

西荻窪 こけし屋 朝市

西荻窪と言えば、こけし屋!というくらい私にとってこけし屋は西荻窪のシンボル的存在です。そんなこけし屋は1949年創業で、フランス料理や洋食、ケーキが楽しめる老舗です。また、井伏鱒二などの文化人に愛されていたことでも有名なお店です。さらに、包装紙や箱に鈴木信太郎氏の絵が描かれており、お店のシンボルとなっています。(余談ですが、マッターホーンの包装紙にも鈴木信太郎氏の絵が描かれており、同じ洋菓子店で同じ画家の絵を使うのはどうなのかなあといつも思っています。創業はこけし屋の方が先ですが、どうなんでしょうか??)

 

そんなこけし屋ですが、南口を出てすぐに本館、少し歩いた先に別館があります。本館ではフランス料理、別館では洋食を楽しむことが出来ます。喫茶はどちらでも楽しむことが出来ますが、本館はザ・喫茶店というような雰囲気、別館はカフェのような雰囲気なので、気分や用途によっての使い分けがおすすめです。

 

そんなこけし屋ですが、別館の駐車場で毎月第2日曜日朝8時から11時まで朝市というものをやっています。

 

f:id:kurashi_mono_koto:20170620155514j:plain

 

朝市当日は別館の1階と2階が開放され、購入したものを席についてゆっくりいただくことが出来ます。その場で食べられるものとしては、作りたてのオムレツや、貝のスープ、ポークカレー、キッシュ等々があります。テイクアウト出来るものとしては、クロワッサンやコロッケ等があります。飲み物はビールやワイン、ジュース、無料のお水があります。

 

f:id:kurashi_mono_koto:20170620155453j:plain

 

f:id:kurashi_mono_koto:20170620155359j:plain

 

なかでも人気のメニューは、仔羊の炭火焼アニョーです!私はまだチャレンジしたことがないのですが、周りを見渡すと多くの方が食べていて人気の高さがうかがえます。焼き立てをいただけるのがいいですよね!ちなみに私のおすすめは、マドレーヌです!昔懐かしい素朴な味でお気に入りです。

 

かなりの席数が用意されているとはいえ、それを上回るお客さんが来ますので、なるべく開始時間前から並んで、開始と同時に席を確保し、それからゆっくり食べ物を調達するのがおすすめです。売り切れのものが出てきてしまったり、席を確保出来ないなんてことにもなってしまうので、朝市の途中参加はおすすめできません。朝が早くてなかなか大変ですが、朝から休日を満喫出来て、とても得した気持ちになりますよ。なにより、西荻窪ならではのわいわいとした雰囲気が楽しくて、いつも行くたびに来てよかったぁと幸せな気持ちになります。